Château Angélus

プルミエ•グラン•クリュ•クラッセ 《A》

ユベール・ド・ブアール・ド・ラフォレが30年に渡り、テロワールとワインのティピシティ(典型性)のために、たゆまず続けてきた実践•技術の両面の改良の努力が実り、 Château Angélus はそのアペラシオンの至宝と認められるようになりました。この評価は毎回の格付けによっても裏付けられ、 Château Angélusは最新の格付けでプルミエ・グラン・クリュ・クラッセ《A》に昇格しました。

一族がテロワールに傾けた情熱の証

ラベル

時を超えた旅

斯くしてワインは響く

はじめからずっと、 Château Angélusの白地のラベルには、ワインと同名の祈りと瞑想のひとときを思い起こさせる鐘が描かれてきました。このシャトーの紛れもない象徴であるこの鐘は黄金の色をまとい、あるときはシンプルな、あるときはバロック風、またあるときは様式化されたデザインで時代を超え、現在に至っています。「流行は移るとも、スタイルは廃れない」とココ•シャネルが語っています。それはこの鐘も同じこと。一族のパワフルな歴史の証人であるこの鐘は、真のアイデンティティーと個性そのものを表現しているのです。その優雅さの奥には、シャトーの名声に貢献する、伝統、近代性、妥協なさの真義が秘められています。

LE CARILLON d'Angélus

サン=テミリオン・グラン・クリュ

Le Carillon d’Angélusは、 Château Angélusのセカンドワインです。1987年のヴィンテージで誕生し、年によりシャトーの生産量の20〜30%を占めています。このワインはメルロ、カベルネ・フラン、カベルネ・ソヴィニョンが不規則にブレンドされており、圃場の一部が格付けされていない、粘土石灰質の土壌と粘土•砂•石灰質の土壌区画で収穫されます。ぶどうの栽培には Château Angélusと寸分変わらぬ行き届いた手入れが施され、収穫時やワイン製造の際にも兄にあたるシャトー・アンジェルス同様の注意深い選果や心配りがなされています。このような配慮から、長年の間にこのワインにふさわしい樽醸成が行われるようになり、半分を新しい木樽にするだけで醸成時間はChâteau Angélusより少し短くなりました。このように、カリヨン・ダンジェリュスは特有のアイデンティティーとスタイルを備えています。中程の熟成期間で、フルーティー(プラム、グリヨット・チェリー)なアロマとヴェルヴェットのようになめらかなタンニンを持つ点が高く評価されています。

N°3 d'Angélus

サン=テミリオン・グラン・クリュ

Château Angélusの卓越を求める哲学を、シャトーの選抜きの若いぶどうの樹に適用した成果であるこのワインは、メルロが大部分(85から90%)を占め、醸造蔵から出してからすぐに味わいを楽しめるように入念に仕上げられており、果物香、まろやかさ、芳醇を特徴としています。これは名高いふた親の華奢なバージョンであり、グレートワインと堂々たるセカンドワインの豊満に至るに必要な年月を待つことが可能です。このワインも、ぶどうの栽培方法やワイン醸造ではファースト、セカンドと同様の心配りがなされています。より豊かな収量から成り、新しい木樽なしに(1年か2年使用の樽のみ)短い期間で熟成された魅惑的で手頃なワインは、最も若い時期にも素直に楽しめる上、5年から8年の熟成が十分期待できます。

サン=テミリオン・グラン•クリュの典型であるこのワインは、誕生から一貫して家族経営のネゴシアンで販売されています。