芸術

美は食べられるものであるか、さもなければ存在しないだろう。
サルバドール•ダリ

ヴィジュアルアート

インスピレーションのためのアート

ワインとアートは、いずれも妥協を一切ゆるさない、情熱に満ちた世界に属しています。すべての作品は、創造のひらめきが躍動することから始まり、ありふれたものを神の領域の一部へと変化させます。Angélusは、ジャン=フランソワ•ミレーの同名の絵画(《晩鐘/原題Angélus》)と同じように、現実の事物を賞揚しそれを純粋な美へ高めています。ワインも絵画も、農民に働く手を休めて祈るように促す、朝、午(ひる)、夕べの鐘の音が響き渡る、瞑想の時を称揚しています。それによってどちらも、耕作地の持つ力、労働の誇り、暮らしの簡素な美を讃えているのです。

Benoit Maire

感動と創造性の追求を精力的に行ったことから、当シャトーでは何年も前から展覧会を催すようになりました。作家は、ピエール•ド•ベロエッタ、ズィヴィ•ミルステイン、ジャック•ジェルマン、ミシェル•プルテイロン、ブノワ•メールなどです。Angélusは、情熱を持ってアートを讃美しています。

スターの名声、映画向きの容姿

映画

Angélusと第7芸術・映画

Angélusのワインボトルは、気品と洗練を醸し出す小道具として映画にも登場します。その特異性やAngélusという名が思い浮かばせることが、偉大な映画監督の心を捉えたのです。『007 カジノロワイヤル』の中ではジェームス・ボンドがこのボトルを決定的な出会いの場面で選んでいます。その他『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』、『画家と庭師とカンパーニュ』、『バレッツ』など30を超えるフランス映画や外国映画の中にAngélusが登場します。素晴らしい出会い、友人と過ごす時間や分かち合いのひとときの中心「人物」として、観客が映画に求める大切な価値の一端を担っているのです。どのようなシナリオであろうと、その場所がぶどう畑であろうと、映画のセットであろうと、そこで味わわれるのは永遠のひとかけら…。たとえそれが束の間しか続かないとしても!

著名人から見たAngélus
言葉では表現できなくなったとき、音楽がはじまる。
クロード•ドビュッシー

音楽

Angélusでシンフォニーを

「Les Grandes Heures de Saint-Emilion/サン=テミリオンの麗しき時禱書 」は、クラシック音楽の象徴的なイベント。毎年、この地に国際的に名高いアーティストが集います。Angélusでは、例年9月にワイン醸造所という心地よい空間でクラシックやバロック、近代の名曲に新たな息吹を与える演奏会を行い、それに続くテイスティングを提案しています。

おだやかな静寂の空間での束の間の舞台…。Angélusの「Les Grandes Heures/麗しい時禱書」は、これまでに、ジャニーヌ・ヤンセンや名手マキシム•ヴェンゲーロフがストラディヴァリウスの音色を響かせました。今年はチェロのゴーティエ•カピュソン、エベーヌ弦楽四重奏団が顔を揃えます。「音楽とワイン」の相性はぴったり。流麗な演奏と念入りに仕上げた偉大なワインには、どちらにもひとつひとつの音符、ひとつひとつの香りの調子を研ぎすますために費やされた時が隠されています。

Janine Jansen 13-15 Two Part Inventions No. 13
/ 01:57
RONNIE KOLE Silent Night
/ 01:49
Maxime Vengerov 3-15 Csárdás
/ 06:08

Angélusのアート•音楽情報は、ブログをご覧ください。

Newsを見る