ショートムービー

ANGÉLUS
アンジェリュス•ヴァンダンジュ(ぶどうの収穫)2015
Angélus Le rayonnant

ポートレート

Hubert de Boüard de Laforest

ユベール•ド•ブアール•ド•ラフォレは1956年に、サン=テミリオンで生まれ、Angélusのぶどう作りと、醸造蔵の仕事のリズムの中で育ちました。ごく早い時期に、6代にわたりシャトーを守ってきた先祖の足跡をたどろうと志を立てます。進学したボルドー大学の醸造学部で、エミール•ペイノーの指導を受けたことは、彼の誇りです。ディプロムを取得した後、他の土地でのぶどう畑や技術を学ぶため、サン=テミリオンをしばし離れ、そのときの体験から多くの着想を得ました。1980年にシャトーへ戻ってくると、ぶどう畑や醸造蔵での作業に参加しながら知識を確たるものにし、1985年からはAngélusの陣頭指揮を取り始めます。過去の経験の中でも特にブルゴーニュで得たものを生かし、熟考を重ねた結果、これまでサン=テミリオンでは知られていなかったぶどう栽培方法やワイン醸造の技術を導入しました。
同じ年、コート・ド・フランのシャトー・ド・フランを購入します。
アペラシオンとボルドーワインの活動に積極的に参加しつつ、信念を貫徹させるため、ユベール•ド•ブアール•ド•ラフォレは、先駆的なワイン製造者から公人への一歩を踏み出しました。
- 1991-1999年、サン=テミリオン•ワイン生産者組合(Syndicat Viticole de Saint-Emilion)、副代表
- 1990-1996年、ユニオン・デ・グラン・クリュ(Union des Grands Crus)副代表、及び、グラン•クリュ•クラッセ協会(Association des Grands Crus Classés)会長
- 1999-2008年、 サン=テミリオン•ワイン生産者組合(Syndicat Viticole de Saint-Emilion)会長、INAO(国立原産地呼称研究所)地方委員会、会長、INAO全国委員会、会員
- 2011年より、サン=テミリオン市参事会の代表吏員
- 2013年より、ボルドー・ワイン最高評議会(Grand Conseil du Vin de Bordeaux)のグラン•メートル(会長)
長年に渡り絶え間なく続けられてきた技術面及び広報面でのユベール•ド•ブアール•ド•ラフォレの働きは、1996年の格付けでChâteau Angélusのプルミエ・グラン・クリュ格付け、次いで2012年には、プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ《A》への昇格となって実を結びました。
ユベール•ド•ブアール•ド•ラフォレはぶどう栽培者としての仕事への情熱に導かれ、他のテロワールの開拓も行っています。その一つがレバノンのマサヤのコンサルタント(1997-2003年)です。1998年にはラランド•ド•ポムロールのラ•フルール•ド•ブアールを購入、その後南アフリカのアンウィルカを取得しました。今日、彼はコンサルタントとしても、フランス国内(サンテミリオン、ポムロール、メドックなど)はもちろん、国外(スペイン、ポルトガル、タイ、レバノン、南アフリカ)で盛んに活動を続けています。


Jean-Bernard Grenié

ジャン=ベルナール・グルニエは、1950年5月17日ボルドー生まれ。エレーヌ•ド•ブアール•ド•ラフォレと結婚し、ピエール、ティエリー、ポール=ルイという3人の子どもに恵まれました。
元々の専攻は経済学で、ボルドー大学の法経学部で経済学を修め1972年に卒業します。
次いで1973年にはボルドーの経営学研究学院(I.A.E)のディプロマを取得。
1975−1977年、フランス国の協力役務に志願しモーリタニアへ。
1984年にはワインの世界に入り、リブルヌのネゴシアンの下で働いたあと、1987年にはAngélusに移り重役会の一員となりました。
2006年、彼は妻のエレーヌ•ド•ブアール=グルニエと共にシャトー•ドゲの経営に再び着手しました。


Stéphanie de Boüard-Rivoal

「私たちは、過去から継承し、未来へ引き続くひとつの歴史を任された守り人に過ぎません。私たちの役割はそれを達成できる限りの最高の状態で永続させていくことです。」

ステファニー・ド・ブアール=リヴォアルは1982年にボルドーで生まれ、サン=テミリオンで育ちました。
ボルドー大学経済学部及び、ESCP-EAPでディプロム取得後、2009年までロンドンのUBS銀行でプライベートバンキングのキャリアを積み、次いでスイスの名門銀行ピクテに移り、ここでもプライベートバンキング部門での仕事を続けました。
この頃、彼女はすでに、ロンドンでChâteau Angélusのボトルを囲んだディナーやテイスティングを定期的に企画していました。それほど、金融界の人々を主としたワイン通の人々、イギリスのワイン販売者や星付きのレストランからの要請が多かったのです。
2009年、ステファニー・ド・ブアール=リヴォアルは、Angélusの監査重役会のメンバーとなり、その資格でシャトーの経営に直接関わるようになります。
ブアール・ド・ラフォレ家の8代目の一人として、彼女は、Angélusのワインとシャトーのイメージを国際的に高水準に維持するための取り組みを続け、精力的にAngélusのプロモーションに務めました。
2011年、ステファニー・ド・ブアール=リヴォアルは、ロンドンの誉れ高いWSETの国際ディプロマ “Advanced Certificate”を取得します。
2012年の初頭、彼女は、父のユベール•ド•ブアール•ド•ラフォレと、叔父のジャン=ベルナール•グルニエから、Angélusの経営に加わるよう請われました。
こうして、ステファニー・ド・ブアール=リヴォアルはピクテ銀行を辞して一族の経営活動の仕事に専念することに決意をし、Angélusの副社長となりました。
2013年には、レストラン、ロジ•ド•ラ•カデーヌ(Logis de la Cadène)取得を成し遂げ、若く才能豊かなシェフ、アレクサンドル•ボマールを中心とした新しいチームを作り上げています。


Thierry Grenié-de Boüard

ティエリー•グルニエ=ド•ブアールのプロフィール

ティエリー•グルニエ=ド•ブアールは1987年リブルヌ(Libourne)に生まれ、サン=テミリオンの一族の所有地で育ちました。
英国のハル大学で国際ビジネスのディプロマ、ドイツのヴィースバーデンのEBS Universitätで経営管理学の修士号を取得し、さらにボルドーのKedgeビジネススクールでもマスター2を修了。その後仕事に伴い国を離れ、英国のBerry Bros、次いでオーストラリアMcWilliam’s Winesグループで研鑽を積みました。この地でほぼ一年間を就業した後、ドイツのHaweskoへ移りました。最後のポストはオンラインのワイン販売セクターで最もダイナミックな事業 を行っているWine in Blackでの、ベルリンを拠点にした白ワインバイヤーとしての活動でした。
英国、ドイツ、オーストラリアでの経営管理論とマーケティングを学んだ後、ティエリー•グルニエ=ド•ブアールはワイン取引の分野で国際的に幅広く経験を積みました。同時期にChâteau AngélusとKlein Constantiaのワイン醸造にも参加しています。
ティエリー•グルニエ=ド•ブアールは2014年から、Angélusの監査委員会の一員ですが、このたび一族の経営事業に専念することになりました。